×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

梅雨

梅雨と台風・豪雨

梅雨前線が活発になる時期は、台風が日本に上陸しはじめる時期でもあります。
台風のピークは8月頃なので、必ずしも梅雨の時期と一致するわけではありませんが、梅雨明けの時期と台風が重なることで、非常に大きな被害が出ることがあり、両者の関係は必ずしも皆無とはいえません。

 

台風のメカニズムとして、地上の近くでは周囲の空気を吸い上げ、上空ではその吸い上げた空気を放出するという性質が存在します。
これが何を意味するのかというと、梅雨前線が停滞している状態で台風がやってくると台風が水蒸気をどんどん吸い上げ、上空に放出することで大量の雨雲が生まれ、豪雨を呼び込むことになるのです。
そのため、6〜7月上旬頃の台風は勢力の強さだけでなく、雨量にも注意が必要です。
一方で、台風が梅雨前線と共に北上していくというケースも多く、台風一過の後に梅雨も明けるということがよくあります。

 

こういったメカニズムもあって、梅雨の末期は豪雨が多くなります。
梅雨の時期の豪雨はある程度パターン化しており、梅雨が長期的に停滞している場合は太平洋側や九州、四国に湿った空気が流れ込み、その空気が山脈で押し留まって、巨大な積乱雲を発生させるなどというケースが多々見受けられます。
一方、低気圧が東に進んでいる場合は、南西から湿った空気が低気圧の方へ流れ、日本海側で豪雨となることがよくあります。

 

あまり天気予報や気圧配置などがよくわからないという人でも、低気圧や梅雨前線の位置がどこにあるのかということだけでもチェックしておけば、今後豪雨の可能性がどのくらいあるのかが、なんとなくわかるでしょう。