×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

梅雨

梅雨に傷みやすい食べ物

いくら念入りに対策を講じ、気を使っていても、梅雨時には傷む食べ物がどうしても出てしまいます。
まして傷みやすい食べ物であれば、尚の事可能性が高くなってきます。
梅雨時に傷みやすい食べ物にはどんなものが挙げられるのでしょうか?

 

まず、カビが生えやすく、すぐに傷む食べ物の代表といえばパンでしょう。
特に食パンはカビの温床となりやすい食べ物です。
水分が意外と多く、雑菌が繁殖しやすいのが主な理由です。
特に、一度水分に触れてしまうとそこからカビが繁殖してしまい、一気に傷みやすくなります。
食パンはオーブンやトースターで焼くことを前提としておけば冷凍保存しておくことができるので、ある程度の量を購入した場合は、冷凍保存をおすすめします。

 

そんな食パンに付けるジャムも、カビが発生しやすい食材です。
水分が豊富なので、かなりの速度でカビが進行します。
フタをしっかりと閉め、冷蔵庫に保存しておきましょう。

 

チーズもカビが生えやすい食べ物のひとつです。
元々、ブルーチーズのようにカビを利用した種類のものもあるチーズですが、購入後に発生したカビが安全であるはずもなく、注意が必要です。
また、お餅にもカビが生えやすいので注意しましょう。
意外なところでは、味噌も傷みやすい食材です。
白いカビが表面に吹くことがあるので、毎日しっかりとチェックしておきましょう。

 

基本的に、水分を多く含む食材や料理はすぐに傷むと考えたほうが良いでしょう。
レタスなどの生野菜も傷みやすいので、管理には注意が必要です。