×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

梅雨

梅雨時のヘアケア

梅雨時の悩みのひとつとして、ヘアケアを挙げる人はかなり多いのではないでしょうか?
普段はさほどクセ毛ではないという人でも、梅雨時だけはモワッと広がってしまうということは多いようです。
湿気が急激に増す梅雨時は、ヘアケアが非常に難しい時期なのです。

 

そもそも、湿度が高いとなぜ髪の毛が広がってしまうのかというと、髪が傷んでいるからです。
キューティクルが剥がれていると、そこから髪に水分が浸入して溜まってしまい、そこが膨張して髪の毛がうねります。
そうなると、髪の毛が直毛ではなくなり、結果的に広がってしまうのです。
つまり、キューティクルが破壊されているということが、湿度の高い時期にヘアケアで苦労する最大の要因となっているというわけです。

 

よって、梅雨時期のヘアケア対策として最も有効なのは、キューティクルを保つということになります。
とはいっても、これは意外と大変です。
梅雨に入る前あたりから、髪の毛が傷みやすい季節になっているからです。
これは、冬の乾燥期が伏線になっています。
冬場に乾燥した日が続き、春になって梅雨前あたりから湿度が急上昇すると、気候の変化に伴い、髪の毛が傷みやすくなるのです。
さらに、梅雨時にはUVが強くなり、これが髪の毛の最大の敵となります。
この自然現象を防ぐのは、かなり難しいといわざるを得ません。

 

そのため、ヘアケアは広がった髪を抑えることが重要となります。
ドライヤーを上手く使い、適度に髪の毛の水分を飛ばしておけば、広がりは収まります。
しかし、外出時にはドライヤーは使えません。
その場合はブラッシングをこまめにすれば、水分を均等に伸ばすことができます。