×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

梅雨

梅雨時の寝不足対策

湿気の多い時期は、寝苦しさとの闘いも毎晩のように起こってしまいます。
ジメジメとした気候は、非常に眠りにくいものです。
梅雨になると、身体にまとわりつくような蒸し暑さが、安眠を妨げてきます。

 

梅雨時の寝苦しさを解消するためには、深部体温と呼ばれる身体の中心部の温度を下げる必要があります。
それを実行するには、ある程度室内の気温を下げる必要があるでしょう。
理想的な環境としては、26度以下で、かつ湿度50?60%の状態です。
この環境を作るには、エアコンの力が必要となるでしょう。

 

エアコンは、温度だけではなく湿度を下げる効果もあります。
そのため、エアコンを入れるだけでかなり快適な環境になります。
ただ、コスト面の問題、さらには節電の問題なども絡んでくるため、なかなかエアコンを長時間使えないという人もいるでしょう。
そういう場合は、寝る直前の30分くらいだけでもエアコンを利用すると良いでしょう。
わずか30分でも、かなりの違いがあります。

 

また、布団を干すというのも効果的です。
梅雨時は布団も湿りがちになっており、布団が不快な気分を増長させているケースもあります。
掛け布団、敷布団共に天日干しして、乾燥させましょう。
雨で干せない場合は、乾燥機などを使うと良いでしょう。

 

睡眠前の半身浴も有効です。
不眠はストレスが原因になっていることも多く、それを解消することで眠れるようになることもあります。
40度弱のぬるま湯に20?30分浸かるだけで、かなりリラックスできます。