×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

梅雨

梅雨時の食事対策

湿気の多い梅雨の時期に世の奥さん、お母さんが最も苦労するのは、料理ではないでしょうか?
お弁当を作る場合、作り置きして行く場合等、梅雨時には料理が傷む可能性があります。
お弁当の場合、朝に作るのが難しく、夜に作っておくという場合には余計に危険です。
梅雨時には、食事が傷まないように対策を講じる必要があるでしょう。

 

作り置きしている料理が傷まないための方法としては、冷蔵庫に入れておく、部屋の換気をよくする、エアコンや除湿機を使用する、扇風機を回すなどの方法があります。
冷蔵庫に入れるのが一番確実ですが、料理によっては入らないこともあるでしょう。
その場合は、できるだけ置いている部屋の換気をよくし、湿度を下げるようにしておきましょう。
もっとも、一番良いのは作り置きをしないということです。

 

弁当の場合は、腐敗防止シートや保冷剤を利用するという手があります。
ランチジャーも中身が傷みにくいので有効です。
また、お弁当の強い味方である冷凍食品も傷みにくい食事なので、梅雨時には活躍してくれるでしょう。

 

基本的には、食材の時点での管理が最も重要です。
購入した食材は、いつまでもテーブルの上に置いておかず、すぐに帰宅し冷蔵庫へと入れる。
調理の際に、食材のニオイや味をチェックしておく。
賞味期限には細心の注意を払う。
あまり長い間置いておかず、早い段階で調理する。
これくらいのことをしておくだけでも、かなり食材が傷む可能性が低くなります。