×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エアコンで湿気対策?

エアコンで湿気対策?

エアコンを使用しているお宅のかたでしたら、大概はご存じだと思いますが、エアコンには通常「ドライ」という機能がついていますね。
これは、文字通り、お部屋をドライ・・・つまり湿気を取って乾燥させるということです。
冷房だけであってもお部屋は乾燥気味になりますが、ドライ機能を使うことによってしっかりと除湿されます。

 

 

お部屋がジメジメした感じがするときはもちろんのこと、洗濯物を室内に干さなくてはならない場合などには大活躍だと思います。
ですが、エアコンはお部屋からお部屋へと移動できるものではありませんから、ひどい湿気でお困りのかたは、全てのお部屋にエアコンをつけるか、もしくは移動可能な除湿機を購入するのが、賢明な湿気対策になると思います。

 

 

ただし、エアコンを使用する際には、フィルターの掃除をしっかりと行わなくてはなりません。
それが疎かになっているご家庭が非常に多いように思います。
せっかく湿気対策のためにエアコンを利用しようとしていても、フィルターが清潔に掃除されていませんと、内部で増殖したカビの胞子をお部屋中にまき散らすことになってしまうのです。

 

 

こうなりますと湿気も相まってカビが生えやすくなりますし、何よりも健康を害してしまいます。
エアコンのフィルターは、最低でも月に1〜2回は掃除したいものです。
また、エアコンのスイッチを入れる時には、まず窓を大きく開けておき、しばらくの間、送風のみの運転にしておくのが良いでしょう。

 

 

そうすることによって、カビの胞子を外に追いやってしまうことが可能です。
そして、エアコンの運転を終える時にも、しばらくは送風運転にして、内部を乾燥させると、より良いですね。
少し手間がかかりますが、エアコンで除湿をし、快適に使用するためには、ぜひ行ってください。