×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

湿気とカビ対策

湿気とカビ対策

湿気と切り離せないものに、カビもありますね。
これは、バスルームなどではみなさま、お困りのことと思います。
ですが、バスルームに限らず、湿気の多い洗面所やキッチンも油断しているとカビにやられてしまいます。
こまめな掃除と、換気を心がけ、これまでにご紹介してまいりましたさまざまな湿気対策を施してみましょう。

 

 

頻繁にカビが生えるほどの湿気ですと、かなりひどいと言えますから、ある種のバロメーターともなります。
カビは、見た目も嫌なものですし、匂いも発します。
人体にとっても有害なものですから、たかがカビとは思わないでください。
一般のご家庭で見られるカビだけでも10〜20種類もあるのですね。

 

 

よくある青カビは、食品にはもちろんのこと、湿気の多い押し入れの壁などに発生しますし、バスルームはクロカワカビという黒いカビですね。
どなたでもご覧になったことがあるでしょう。
カビが発生しやすい温度や湿度というのがありますが、温度はだいたい20〜30度で、湿度が65%以上あると一気に増殖を始めます。

 

 

湿度が大好きなのですね。
ですから、カビが嫌だと思ったら、とにかく乾燥させるという対策をとってください。
湿気をあまり感じないお部屋であっても、家具の後ろなど空気が循環しにくい部分にカビが発生している場合もありますから、たまにチェックすることが大事です。
一度発生しますと、胞子を飛ばしますから、カビが生えやすくなると同時に、健康も害します。