×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジャガイモの芽による食中毒の症状

ジャガイモの芽による食中毒の症状

ジャガイモの芽にも毒があり、食中毒を引き起こす原因となることはよく知られていることだと思います。
小さいときに学校でジャガイモの芽に毒があることは学んだと思います。
ですから誤って食べてしまい食中毒になったという話はあまり聞いたことがありません。
毒はジャガイモの芽の部分だけではなく、緑色になっている部分にも含まれていますから注意しなければなりません。
ジャガイモを買うときには、よく成長しているものを選ばなければなりません。

 

 

ジャガイモによる食中毒がよく起こるケースとして、個人が家庭菜園などで栽培したもので中毒を起こす場合が多くなっています。
ジャガイモによる食中毒の症状として、腹痛や嘔吐や下痢などがあります。
意識障害が起こる可能性もあります。
症状は食べてから数時間で発症するので、ジャガイモが原因であると特定しやすいと思います。

 

 

ジャガイモの毒にやられないための予防方法としては、調理する際にジャガイモの芽を取り除くことです。
誰もが注意してやっていることとは思いますが、「深く」取り除くことがポイントなのです。
そしてジャガイモの皮は厚めにむくようにしてください。
緑色になった部分が残ることのないようにしっかりと取ることが大切です。
成長が十分ではないジャガイモは食べないようにしたほうがいいです。

 

 

ジャガイモの保管については、日光があたらない場所で行うようにしてください。
ジャガイモの芽が成長しないようにするための工夫です。
買ってきたものはあまり長期間保管することなく早めに食べることも大切です。
ジャガイモは普通に調理していれば特に問題ありません。
しかし芽の部分についてだけは絶対に残さないこと、これが基本です。