×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ふぐの毒による食中毒の症状

ふぐの毒による食中毒の症状

ふぐに含まれている毒が危険であることは多くの人が知っていることだと思います。
実際にふぐの毒によって食中毒を起こして死亡した人もいます。
ふぐには「テドロトドキシン」という毒があります。

 

 

この毒は、人を殺すほどの威力がある非常に強い毒の「青酸カリ」よりもさらに強いもので、その威力は青酸カリの1000倍もあると言われています。
しかしこれはふぐの種類によって違います。
一般的にふぐが産卵の時期になると最もその毒性が強くなるそうです。
ふぐの毒はとても熱に強いので煮沸したとしても、食中毒の危険性がなくなることはありません。

 

 

ふぐの毒による食中毒の症状としては、口や舌の麻痺があります。
特徴として症状がでるまでの時間がとても早いことがあげられます。
他にも頭痛や吐き気、次に言語障害や呼吸困難などの症状が出てきます。
死亡することもある大変危険な毒です。

 

 

ふぐの中毒に気が付いたら、少しでも早く毒を体外に出すことが大切です。
ふぐの毒にやられないための予防方法は、単純なことですが素人が調理しないことです。
ふぐを調理するには、きちんとした専門の調理師免許が必要となります。

 

 

ふぐの職人が調理した場合でも、ごくまれに毒が残っていることがあるくらい難しいもので素人には到底できるわけがありません。
ふぐの食中毒は毎年のように起きています。
しかしそれらの多くは素人が調理したものなのです。
ふぐに関しては決して素人が買って調理することがないように注意してください。