×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手洗いの方法

手洗いの方法

食中毒の予防で大切なことのひとつに「手洗い」があります。
手洗いはただ手を洗えばいいというものではありません。
衛生的な手洗いをしなければなりません。
食品衛生の基本は「手洗いに始まって手洗いに終わる」のです。
衛生的な手洗いの方法について説明します。

 

 

衛生的な手洗いというのは、石鹸をつけて手を洗って、拭いて、殺菌消毒するという3段階です。
手洗いにはレベルがあります。
細菌をどれだけ除去できるのかによって3つのレベルに分けられます。

 

 

1つ目は「日常的な手洗い」です。
日常的に行う手洗いでは、皮膚の表面にいる「菌」しか除去できません。

 

2つ目は「衛生的手洗い」です。
衛生的な手洗いをすれば、皮膚の深層部分の浅い位置にいる常在菌を除去することができます。

 

3つ目は「手術時手洗い」です。
これは医師が手術を行う前にするレベルの手洗いで、皮膚の深層部分すべてにいる常在菌を除去することができます。
通常、食中毒を防ぐために調理者は2つ目の「衛生的手洗い」レベルまでは行う必要があります。

 

 

手洗いを行うタイミングとしては、調理や下準備などを始める前、ごみなど汚れたものを触ったとき。
トイレの後、食材を変えるたびに行う必要があります。
手洗いの際、指先や親指など洗い残ししやすいので特に注意して行う必要があります。
食品をきちんと冷蔵保管して、きちんと加熱処理しても肝心の調理者の手に菌が付着していたのではなんの意味もありません。
手洗いは基本です。
しっかりと行うように心掛けてください。