×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

食中毒患者への対応

食中毒患者への対応

もしも家族の誰かが食中毒になってしまったら、すぐに正しい処置をして対応しなければなりません。
食中毒の症状がひどいときにはすぐに医療機関を受診するべきです。
しかし軽い腹痛や下痢などの場合は家庭で治療すればいいこともあります。
家庭で対応するときにどのようなことに気をつければいいのか考えてみます。

 

 

食事についてですが、可能な範囲でいいので栄養のあるものを食べさせるようにします。
食中毒の場合、腹痛や下痢などの症状があるのであまり食べることができないかもしれません。
特に下痢症状がひどい場合には食べたものがそのまま排出されてしまいますが、その分栄養のあるものをしっかりと体に補給する必要があるのです。

 

 

食事を食べることが難しい場合には、水分をしっかりと与えてください。
これは下痢によって排出された水分を体に補給する必要があるからです。
体から水分がなくなると脱水症状を起こしてしまいます。
そうなることが一番危険なのでしっかりと水分だけでも補給してあげるようにしてあげてください。

 

 

他には患者の使う食器や衣類などに関しても取り扱いを慎重にしなければなりません。
一番いいのは使い捨てのものを使うことです。
無理ならば患者が使ったものをきちんと洗い消毒する必要があります。
患者と接するときには、看病する側もマスクをして周囲への感染を最小限にするようにしてください。
もちろん患者と接する前と後はしっかりと手洗いをする必要があります。
洗った手を拭くタオルも分けた方がいいです。