×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

食中毒予防の加熱処理

食中毒予防の加熱処理

三大原則の1つ「殺す」は食中毒の基本です。
食中毒の原因となる菌をやっつけることは、食中毒にならないために大切なことです。
基本的には菌がついていると思われるものは加熱して殺菌するというのが大原則となってきます。

 

 

「カキ」などは生で食べる料理方法があります。
しかし生で食べることによって食中毒の可能性も高くなります。
そのためできることならば加熱して食べた方がいいので、「カキフライ」などにするといいと思います。
確実に食中毒を避けるためにはそれがベストな方法です。

 

 

加熱の基本として、中心部までしっかりと火を通さなければなりません。
75℃以上の熱で1分以上加熱することが必要です。
残り物の食材を使って調理する際などにもしっかりと加熱することが大切です。

 

 

調理器具についても菌を殺すためにしっかりと消毒をしなければなりません。
熱湯をかけて煮沸消毒したり、漂白剤を使って殺菌したりして工夫しなければなりません。
しかしながらすべての食品が加熱できるわけではなく、加熱できる食材、料理は限られています。
そして食中毒の原因となる菌の中にも、熱に強いものがあります。

 

 

その場合いくら十分な加熱処理を行っても、食中毒の危険性が消えないので安心できません。
こういった食材の場合は、食べること自体を避けるか、より新鮮な食材を確実に使うようにするかなど対策を考えるしかないと思います。
どうしても食べたければせめて食中毒が多く発生する時期だけでも避けてみるのがいいと思います。