×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

毒キノコを食べて食中毒を起こした時の症状

毒キノコを食べて食中毒を起こした時の症状

スーパーなどに売っている食材だけではなく、「毒キノコ」のように自分で山などから採取してきたものを食べて食中毒になるケースもあります。
毒キノコは自然界にある毒の中でも特に有名なものなので多くの人がその存在を認知しているものです。
毒キノコは自然界に多く存在しています。
しかし現在においてもそのすべてが解明されているものではありません。

 

 

毒キノコを食べて食中毒を起こした時の症状は、腹痛や嘔吐や発汗、幻覚や麻痺などがあります。
症状は食べたキノコによって様々です。
ひどいケースになると毒キノコを食べて死亡することもありますから、十分に注意しなければなりません。
毒キノコは素人が山に行って大量のキノコを採ってきて、安全なものだと思いこんで調理をして食べた人全員があたってしまうというパターンが多いです。

 

 

毒キノコを見分ける方法はありますが、すべてのものに当てはまるわけではありません。
例えばキノコの模様が気持ち悪いものは毒キノコの可能性が高いのでやめたほうがいいなどと言われています。
しかし気持ち悪い模様でも食べられるものはありますし、もちろん毒キノコである可能性も高いのです。
素人にはこの判断は難しいのです。

 

 

つまり素人はキノコを採らないこと、人からもらったものでも安全が確認できないものはむやみに食べないこと、人にむやみにあげないことが大切なのです。
とてもきれいな模様、きれいな形のキノコだから安全だと思いこんで持ち帰り、あとで毒キノコだと知らされたという話もよく聞きます。
図鑑を見て比較したとしても正確な判断は素人には無理です。
どうしてもキノコを採りに行きたいのであれば、専門家に同行を依頼するようにしてください。